助成金スポット契約で
事業主様のお悩みを解決します!

助成金を活用して
働きがいのある職場環境整備
を提案します


~ワークライフバランス実現で従業員満足度アップ~
資料請求無料
初回面談無料

事業主のみなさま、このような
お悩み
はありませんか?

  • 助成金の種類が多すぎて分からない
  • 助成金の専門家が身近にいない
  • 申請手続きの手順、添付書類がわからない
  • 助成金の進捗管理が難しい
  • 労働局とのやり取りが面倒だ
  • 毎年、申請要件が改正するので情報収集が大変だ
  • 手続き業務はできるので、助成金申請のみお願いしたい
  • 社労士に労働相談したいが、顧問契約はしたくない
  • 顧問社労士が助成金を取り扱っていない
  • 顧問社労士の他にセカンド社労士も欲しい
  • 助成金の種類が多すぎて分からない

そのお悩みを全て解決します!

当事務所の助成金申請代行契約が選ばれる理由

長期契約に拘束されません
顧問契約のように毎月の固定額(ランニングコスト)が発生しないので、費用対効果が高いです
助成金に特化しています
スポット契約中に、さらなる助成金の提案をします
毎週月曜日に、助成金活用ニュースを配信します
働きがい就業規則を作成します(オプション)
就業規則は、従業員が協働意識を高める工夫がされています また、簡易版もご用意してます
代理人申請で労働局に対応します
提出代行ではなく事務代理として申請しますので、申請書提出後の労働局の対応をします
働きがい就業規則を作成します(オプション)
就業規則は、従業員が協働意識を高める工夫がされています また、簡易版もご用意してます
申請が難しい場合、職場環境整備を提案します
現時点では、助成金申請が難しい場合、将来的に助成金を支給できる職場環境整備を提案します
申請期間中は労働相談は無料です
助成金を獲得するまでは、労働相談は無料です 些細なことでも相談してください
セカンド社労士としてご利用できます
顧問社労士が助成金を取り扱わない場合、助成金のスポット契約できます
非対面で業務対応できます
zoom、チャットワーク、ライン、ライン電話、メッセンジャー等、非対面での対応もできます
セカンド社労士としてご利用できます
顧問社労士が助成金を取り扱わない場合、助成金のスポット契約できます

助成金と補助金の相違点と対策

厚生労働省系の雇用関係助成金と経済産業省系の補助金の相違点は、
助成金は、ある一定の条件を満たせば、ほぼ確実に貰える資金であり、これに対して補助金は、提案の審査があり、不採択になる場合があります。

助成金は、事業主様が、労働環境を改善し、法定三帳簿・就業規則を整備することによって、国が資金援助しますので、有効に活用しましょう! 

補助金は、審査項目に沿った申請をすれば採択される確率も上がりますので、事業計画をしっかり作成しましょう!
事例) 社長と従業員ひとりの法人
事前準備
法定三帳簿整備、就業規則、36協定書、有給管理簿の作成、評価・賃金制度導入等

総助成金獲得額 77万円
事例) 従業員30人規模の学校法人
事前準備
法定三帳簿整備、就業規則改訂、評価・賃金制度導入等

総助成金獲得額 162万円

資料請求フォーム

必要事項を入力後、メール送信願います。
【従業員ひとりから利用できる助成金】をPDFファイルにて、
配信します。

フォームから送信された内容はマイページの「フォーム」ボタンから確認できます。
送信

さしで社労士事務所

群馬県認定 働き方改革アドバイザー
社会保険労務士
宅建士
助成金受給環境整備アドバイザー協会
上州高崎守成クラブ 事務局
                        さしで     ひろし
代表   指出 浩
            群馬県 高崎市 片岡町1-13-5(片岡中 北)
            TEL/FAX   027-377-0237
            携帯       090-6103-7243
            MAIL        sr.sashide@gmail.com

よくある質問

  • Q
    助成金を申請する条件が分からないのですが?
    A
    メールにて資料請求しますと、助成金資料と助成金申請チェックリストを送りますので、助成金が申請可能か、セルフチェックできます。
  • Q
    どの助成金が活用できるか分からないのですが?
    A
    最初に、資料請求をして助成金の内容を把握願います。その後、初回面談時に貴社の状況をリサーチして、活用する助成金を決定します。
  • Q
    パート社員を正社員として採用しました。キャリアアップ助成金申請したいのですが?
    A
    キャリアアップ助成金を受給するには、正社員へ転換する前に、非正規労働者として6ヵ月以上働いている必要があります。この6ヵ月とは、対象となる従業員が雇用保険に加入した日(雇用保険の資格取得日)からカウントします。正社員に転換する前に、キャリアアップ計画届を労働局に届出をし、認定をもらっている必要があります。正社員転換後に計画届の申請はできません。
  • Q
    助成金不支給又は、途中で断念(例 キャリアアップの途中で該当社員が自己都合退職)した場合の手数料はどうなりますか?
    A
    オプション価格契約がなければ、申請手数料は発生しません。また、未履行のオプション代金も発生しません。ですから、お気軽にお問い合わせください。
  • Q
    オプション価格とは?
    A
    助成金申請時に必要書類を準備しておく必要があります。それらの書類を貴社で準備できない場合、代行して作成します。費用は事前にお見積り致します。
  • Q
    どの助成金が活用できるか分からないのですが?
    A
    最初に、資料請求をして助成金の内容を把握願います。その後、初回面談時に貴社の状況をリサーチして、活用する助成金を決定します。